遮光性抜群の眼鏡レンズ CCP CPP CCP400 CCG VERGINE by STG STG Series ・・・網膜色素変性用にも

  • 普通のサングラスでは、どうも見えにくい・・・
  • パソコン作業で目が疲れる・・・
  • 室内の明かりでもまぶしく感じる・・・
  • 夜、異常に見えにくい・・・
サングラスとCCP遮光眼鏡の違いって?
カラーバー

人がまぶしく感じる原因にはいろいろありますが、この虹色の青色領域(500nmまで)の光がまぶしさの原因と言われています。反対に、黄緑色からオレンジ・赤色までの色はモノのコントラストをはっきりさせてくれます。
まぶしさを抑えて、コントラストをはっきりさせるレンズが、理想のサングラスですよね。

左の図で分るように、一般のサングラスは、全体的に、暗く見せることは可能ですが、遮光眼鏡に比べ、まぶしく感じる500nmの光を取り入れ、コントラストをはっきりさせる550nm~650nmの光をカットしてしまっています。

遮光眼鏡は500nmまでの光を完全にシャットアウトし、モノを見るのに必要なコントラストを感じる光を多く取り入れています。

美しく輝く、Eyeライフ 喜びの毎日が、鮮やかにはじまります

自然の息吹をありのままに感じられる喜び・・・
光過敏やコントラストの喪失、暗順応低下など、眼疾患の症状をオールマイティーにカバー。すべての人にクリアーな視環境をお届しています。
店頭テストレンズで、実際に体感していただけます。

まぶしさを感じるすべての疾患の方へ
  • 網膜色素変性症
  • 白子症
  • 先天無虹彩症
  • 錐体杆体ジストロフィー
  • 糖尿病網膜症
  • 白内障
  • 白内障手術後
  • 緑内障 など

豊かなカラーバリエーションからさまざまな生活シーンに応じたカラーフィルターがお選び頂けます。
例えば、晴天の屋外でコントラストが落ちて眩しさを感じる方で、屋内でも多少の眩しさを感じる方には・・・
屋外ではCCPまたはCCP400(濃色)、CCGを、屋内ではCCP400(淡色)のご使用をお薦めします。

まぶしさを感じるあらゆる疾患をフルサポート
  • 白内障手術後は、このように色を感じます。
白内障手術前の見え方
白内障術前の見え方
白内障とは眼の中の水晶体が茶褐色になり霧のように視力が低下し、極端な場合は明暗がわかるだけになってしまいます。
水晶体を摘出し、眼内レンズを移植したときの見え方
白内障術後の見え方
摘出手術後の無水晶体レンズは透明度が高くなっています。特に有害な紫外線、青色を多く取り入れています。
カラーフィルターレンズ装用時の見え方(CCP400使用時)
カラーフィルターレンズ装用時の見え方
カラーフィルターレンズを装用することで400nm(ナノメーター)の有害な紫外線を健全な水晶体とほぼ同様にカットします。また、手術前の体感色と同じように自然な感じを取り戻すことができます。
パソコン作業にも最適

長時間パソコン作業をしていると、ブラウザで、はっきりと見えなくなる経験はありませんか?

パソコン作業だけではありませんが、ぼやけるモノの周囲のまぶしく感じるものを取り除けば、モノはくっきりと見えます。
遮光眼鏡は、そのまぶしさを取ってコントラストを高める眼鏡です。

※お手持ちの眼鏡のレンズを遮光眼鏡に変えることも可能です。